ハイブリッド

フィットハイブリッドの口コミ評価は?乗り心地は?先代と比較!!

2018/05/16

ホンダのフィットハイブリッドは先代のGP1型に搭載されていたホンダ独自のIMA方式から現行モデルであるGP5においてはリチウムイオンバッテリーを搭載し、7速DCTによるミッションを搭載したモデルへと大きくモデルチェンジしました。

先代のGP1はIMA方式によるハイブリッドシステムだった為、先代ハイブリッドはあくまでもエンジンの補助的がメインのハイブリッドシステムでしたが、現行のGP5に関してはリチウムイオンバッテリーを採用する事でモーターのみのEVモードやエンジンとモーターのハイブリッドドライブ、そしてエンジンのみのエンジンドライブの3パターンの走行シーンを作ることが出来るようになりました。その為、先代と比べても新型ミッションによる7速DCTによって、全域にてレスポンスの良い走りが特徴の一つです。

そして、リチウムイオンバッテリーをトランク下に配置する事で前後重量バランスが良く、フロントに重量が偏りがちですがリアに重いバッテリーを搭載しているので、通常のガソリン車と比べてもリアの接地感は優れているので走行性能も高いのが高評価です。また、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用しているので、燃料タンクによる室内空間の犠牲を極力減らしている為、トランク下にリチウムイオンバッテリーを搭載しているにも関わらず広い座席空間とトランク容量は使い勝手にも優れているのも高評価に繋がっています。

また、先代と比較してもハイブリッドによるEVモード搭載により燃費性能も飛躍的に向上している点もお勧めです。特に先代は常にエンジンが回転し補助としてハイブリッドが介入するシステムだった為、モーター単体では走行する事が出来なかったのですが、現行モデルよりモーターのみでの走行も可能なので特に市街地における燃費性能は格段に向上している点も高評価です。加えて、L15Bエンジンも出力が向上しているのでハイブリッドが苦手とする高速シーンにおいても出力向上による余裕の走りが出来るので、市街地から高速まで様々なシーンで活躍出来る点もお勧めの1台です。

 

BMWの全車種共通の値引きポイント!
BMW値引き

キャンパーにはやっぱりトヨタのこの車!
ハイエース値引き額UP!相場の限界を達成する3原則

フィット値引き方法はコチラ

-ハイブリッド